ラ・メゾン・ド・タンジェ

メゾンを見る広大で光に満ちたラ・メゾン・ド・タンジェは、お客様に特別な客室、プール付きの庭園、街と湾の景色を望む屋上を提供します。

格別な環境にある本物の安らぎと静寂の楽園。

タンジェはジブラルタル海峡に面したモロッコの港で、何世紀にもわたってアフリカとヨーロッパを結ぶ戦略的な玄関口となってきた。ラ・メゾン・ド・タンジェは、有名なグラン・ソッコ広場からわずか5分の街の中心に位置しています。

ラ・メゾン・ド・タンジェへようこそ

メゾンを見る広大で光に満ちたラ・メゾン・ド・タンジェは、お客様に特別な客室、プール付きの庭園、街と湾の景色を望む屋上を提供します。

格別な環境にある本物の安らぎと静寂の楽園。

1930年代にインスパイアされたネオ・モロッコ様式と建築の魅力に、宿泊客は常にとりつかれている。

ラ・メゾン・ド・タンジェは、理想的な立地にあり、アクセスも便利で、ゲストハウスのような親しみやすさと、高級ホテルのような快適さを兼ね備えています。

ゲストハウスには5つの客室と3つのスイートルームがあり、全室に監視付き専用駐車場が完備されている。各部屋はそれぞれ異なり、快適で広々としており、光が差し込み、庭、ジブラルタル海峡、または山々の景色を眺めることができる。居心地の良い客室の多くには、プライベート・テラスも付いている。

各部屋はユニークなスタイルで装飾され、それぞれに個性があります。調度品や装飾品、美術品は、世界各地のブティックで購入されたもので、それぞれにストーリーがあります。このような多様性は、様々な影響を受けたタンジェの多文化的なイメージを反映しています。

すべてのベッドルームには、セントラルヒーティング、エアコン、Wi-Fi、セーフティボックス、上質の寝具が備え付けられており、ご要望に応じて寝具を変更することも可能です。バスルームは快適の極みです。バルコニーとプライベートテラスからは、海峡、庭、山の素晴らしい眺めをお楽しみいただけます。

ゲストを喜ばせる

ラ・メゾン・ド・タンジェの中心には、プール付きの600m2の広々とした庭園があり、まさにエデンの園で、ゲストを楽しませてくれる!

ラウンジ、ダイニングルーム、ゲストハウスの高層階からアクセスできる庭には、樹齢100年を超えるヤシの木、たくさんのオレンジの木、広大なゴムの木、たくさんの花やその他の緑豊かな植物が植えられている。

天気の良い日には、グランド・ソッコの喧騒から離れた庭で、朝食や夕食を提供している。

屋上の反射

日向ぼっことのんびりするのが好きな人のために、ゲストハウスは屋上テラスを用意した。緑、パーゴラ、大きなベンチ、デッキチェア、海の眺め、鳥のさえずり、五感を目覚めさせるすべての要素がそこにある。朝食を楽しんだり、静かにお酒を飲んだり、近所の人とおしゃべりしたり。

日光浴でも日陰でも、ここはタンジェの喧騒から逃れるのに最適な場所だ。(日照時間:終日、無休)。

アレックス・ヘンリー・フォスターオーナー紹介

アレックス・ヘンリー・フォスターはカナダのアーティスト、歌手、ミュージシャン、作家、活動家で、モントリオールのバンドYour Favorite Enemiesのボーカル兼フロントマンとして知られる。

バンドは2006年に結成され、2015年にアルバム『Between Illness and Migration』でジュノー賞にノミネートされた。2018年、フォスターはHopeful Tragedy RecordsとSony Music / The Orchardから初のソロ・プロジェクト『Windows in the Sky』のリリースを発表した。

初のソロアルバムは発売2週目にビルボード・カナディアン・アルバム・チャートで6位を記録。アレックス・ヘンリー・フォスターは2019年、初のソロ作品『ウィンドウズ・イン・ザ・スカイ』でADISQのアングロフォン・アルバム・オブ・ザ・イヤーに初ノミネートされた。


アレックスから一言

本日より、旧市街の中心に位置する高名なブティックホテル「ラ・メゾン・ド・タンジェ」の新しいオーナーに、親友であり忠実な共犯者であるジェフとともに就任することになりました。これは私が以前から抱いていた夢であり、私たちが昨年3月に積極的に取り組み始めたプロジェクトで、ほんの数週間前にあり得ないほど現実のものとなった。

そして、8月2日は、私が初めてタンジールに流れ着いた瞬間から5周年にあたる。私は精神的に疲れ果て、肉体的に疲れ果て、精神的に絶望していただけでなく、これ以上自分の存在を続ける理由も見いだせなくなっていた。それは紛れもなく、私にとって果てしなく続く暗澹たる気分のどん底だった。そして、長い間漂流していた私が、この街のまばゆい自然に歓迎されたと言っても過言ではないだろう。

5年前、父の死を悼みながら、それまで自分自身に問いかける勇気がなかった疑問の答えを見つけ、すべてを理解したいと願いながら座っていた場所から、ほんの数軒しか離れていないホテルのテラスに座って、この街の特異な雰囲気に浸り、贅沢で夢のような湾を眺めながら、今こうしてメッセージを書いているのは、私にとって高揚した感覚だ。そのような思いが、やがて私のファースト・アルバム『空の窓』に命を吹き込むことになる。

あきらめないで......過去に何度も放棄されたタンジェは、今、かつてないほどに燃え上がり、輝きながら、誰もが目を見張るような光景を提供している。

アレックス・ヘンリー・フォスター、ラ・メゾン・ド・タンジェのオーナー

この新しい試みをある種のフルサークルと捉える人がいるとすれば、私はその冒険が、人生、愛、友情、そしてこれからの季節を定義づけたいと思うものを受け入れるだけでなく、休息する場所、嘆き悲しむ場所、人生を再考する場所、個人的な旅をデザインする場所、再設計する場所を探している人に、信じられないほど魂のこもったシェルターを提供する素晴らしい機会であると予見している。そして、この街の寛大さに触発され、タンジェを常に進化し続ける世界で最も美しくユニークな場所のひとつにしている人々に影響を受けた、作家、画家、音楽家、先見の明を持つ新しい世代を目撃できる爽快な幸福を、誰が知るだろう。

この街の人間的、文化的な実体を私は信頼している。そこでは誰もが誰かであり、すべての訪問者が永遠の友人として招かれる。その流動的なエッセンスによって、すべてが少しでも変容する。少なくとも私にとっては、そして他の多くの人々にとっても、タンジェはそうなのだ。時代を超越しながらも、独自のリズムで流れる永遠の避難都市......自由。    

このニュースとその希望に満ちた可能性の低さが、私の親愛なる大切な友人であるあなたにとって、慰めとなる励ましとなることを願っている。たとえ私たちが自分自身を見つけることができず、夜明けが新たに始まるのに十分な約束とともに明日が来ることを信じる理由を見つけることができないときでさえも。あきらめないで......過去に何度も見捨てられたタンジェが、今、かつてないほど燃え上がり、輝きながら、誰もが目を見張るような光景を提供している。

愛をこめて、アレックス


lamaisondetanger.com
info@lamaisondetanger.com
+212 (0) 660 68 88 52(携帯電話)
+212 (0) 539 93 66 37(固定電話)

モロッコへの寛大なご寄付に感謝します。

10/12/2023

ホープフル・トラジェディ・レコード、ラ・メゾン・ド・タンジェ、ザ・ロング・シャドウズ、イン・デ・グート・エンタテインメントの皆の名において、

人権デー75周年にあたり、皆様の心のこもったご厚意と積極的な共感的動員のおかげで、モロッコ赤十字、ハイ・アトラス基金、Banque Alimentaireに5000ドルの寄付をすることができただけでなく、支援の言葉を書いた何千枚ものハガキを配布することができたことを発表することができ、深く身の引き締まる思いです。9月8日にモロッコ南部で発生した地震で被災し、冬の厳しい現実に直面している多くの人々に、毛布、靴下、暖かい衣類、水、食料、テントなど、必要な基本キットを提供するために、私たちは親愛なる友人や地元の団体と協力した。

私や私の協力者たち、代表者たち、そして愛する人たちにとって、あなた方のような非凡な人々で構成される家族の一員であることは、本当に光栄なことです。彼らは、思いやりを行動に移すことに常に取り組んでおり、他の人々の生活や地域社会、あるいはあなたが影響を与えることができるニーズのある場所に変化をもたらすことを常に望んでいます。あなたには深い感銘を受ける。

人類が新たな大災害や自然災害に見舞われるたびに、私たち自身が現実を直視し、対処しなければならないたびに、ますます冷笑的になっていくように思えるこの世界で、希望に満ちた声と慈愛に満ちた存在であり続けよう。

私の大切な友人たちよ、あなたが祝福されますように。

アレックス

alexhenryfoster.com

関連記事

spot_img

その他のライフスタイル記事