マレーシアと日本のパートナーシップ

マレーシア商工会議所(NCCIM)会頭 タン・スリ・ソー・ティアン・ライ氏

マレーシアと日本は、マレーシアの独立以来、長年にわたる外交関係を共有している。このパートナーシップは、この地域における経済成長、技術進歩、文化交流の要となってきた。マレーシア・日本経済連携協定(MJEPA)と、1982年にマハティール・モハマド首相(当時)が開始した「ルック・イースト政策」(現在は第2段階(LEP2.0))により、深く永続的な関係への道が開かれた。このパートナーシップは、両国に大きな利益をもたらし続けている。マレーシア日本経済協会(MAJECA)と日本マレーシア経済協会(JAMECA)は、マレーシアと日本の関係を支援するために設立された。

2006年に発効したMJEPAは、マレーシアと日本の貿易と投資を促進し、双方のビジネスに繁栄の機会を提供してきた。MJEPAは、両国の経済関係を強化するだけでなく、さまざまな分野における技術革新や協力関係を促進してきた。

一方、ルック・イースト政策(LEP)は、日本との教育・文化交流を奨励することによって、マレーシアの強力な人的資本基盤を育成するのに役立ってきた。マレーシアはこれまで、約26,000人の学生や政府高官を日本へ派遣し、日本での勉学や研修を受けさせてきた。日本政府は政策導入以来40年間、LEPに一貫した支援を提供してきた。この政策は、多くのマレーシア人の専門能力開発に貢献し、私たちの社会を豊かにしてきました。

貿易・経済関係において、日本は2022年以来、一貫してマレーシアの第4位の貿易相手国としての地位を維持してきた。我々のパートナーシップは、木材、ゴム、液化天然ガスなどの一次資源の輸出から、家具や手術器具などの付加価値の高い製品へと発展してきた。また、日本におけるハラル産業の発展、災害管理、ヘルスケア、スマート製造、中小企業開発における協力も増加している。人工知能(AI)、ロボット工学、自律システム、モノのインターネット(IoT)における日本の専門知識は、将来にわたってLEPの持続可能性を強化・確保する可能性がある。

さらに、2023年第1四半期の時点で、マレーシア投資開発庁(MIDA)が承認した161.9億米ドルの投資案件のうち、日本が参加する14のプロジェクト(総額4,699万米ドル)が数百人の雇用機会を創出する態勢を整えていることをご報告できることを嬉しく思います。このことは、両国の経済的関与の継続的なダイナミズムを示している。

さらに、2023年半ばにマレーシアが東京と大阪に派遣した貿易投資使節団は、二酸化炭素回収・貯留、電気自動車、電気部品などの分野で52億3,000万ドル相当の投資の可能性を確保し、有望な成果を挙げた。これらのイニシアチブは、両国の経済協力の深化と、主要産業における利害の一致を意味する。

マレーシアと日本は、マレーシア
の独立以来、長年にわたる外交関係を共有している。このパートナーシップは、この地域の経済成長、
技術進歩、文化交流の要となってきた。

マレーシア商工会議所(NCCIM)会頭タン・スリ・ソー・ティアン・ライ

マレーシアは、特に高齢化社会を管理する上で、日本から貴重な洞察を得ることができる。マレーシアは2056年までに65歳以上の高齢者が人口の20%を占める高齢化国家になると予測されており、高齢化に関する課題に直面している。ソサエティ5.0と呼ばれる日本の革新的なアプローチでは、高齢者を労働力に積極的に参加させ、経済や社会に貢献させている。このアプローチは、マレーシアが高齢化の影響に対処し、高齢者の積極的な参加を促進する上で、貴重な教訓を与えてくれる。

マレーシア商工会議所(NCCIM)として、私たちは長年にわたるマレーシアと日本のパートナーシップを称賛します。このパートナーシップは、異なる強みを持つ2つの国を結びつけ、共通の目標を達成するための国際協力のモデルであると確信しています。私たちは、このパートナーシップをさらに強化し、新たな協力の道を模索し、日本の専門知識と経験から引き続き恩恵を受けることを期待しています。

マレーシア商工会議所
Level 3, West Wing, Menara MATRADE
Jalan Sultan Haji Ahmad Shah,
50480 Kuala Lumpur,
Malaysia

enquiry@nccim.org.my
+603 6204 9811
Nマレーシア商工会議所 (NCCIM)
www.nccim.org.my

関連記事

spot_img

関連記事