ノー・シッピング海の中心で

Nor-Shippingは2年に1度、海事・海洋産業が一堂に会する場であり、世界中の重要な意思決定者がつながり、協力し合い、新たなビジネスチャンスを引き出すための取引を行うための自然なハブとなっている。

ノルウェー海運の歴史

Nor-Shippingは1965年以来、海運業界の主要企業が世界中から集う活気に満ちた場となっている。海運バリューチェーン全体のトップや報道関係者が参加することで、Nor-Shippingは戦略的な取引やネットワーキングの場として世界で最も認知されています。

最高のビジネス関係の多くは、従来の会議室の外で始まります。Nor-Shippingは、プロフェッショナルなネットワーキングと社交の場を提供します。

ビデオと写真ノーシッピング

Nor-Shippingの前身は、ノルウェー・インダストリアル・フェア(現NOVA Spektrum)が雑誌『Skip』と協力して1960年代初頭に初めて開催した見本市「Deck and Engine Room」である。

最初の2つのイベントは、ノルウェーの船員とその福祉に焦点を当てた国内イベントだった。ノルウェーの船主で雑誌発行者のペール・セルヴィッ グ氏が、ノルウェーで国際海運見本市を開催する可能性 を考え、始めた。彼は、ノルウェーの産業見本市を主導していたエドヴァルド・モヴィンケル・ラーセンに連絡を取り、次の海事見本市について、より広範で国際的な焦点を当てることを提案した。

Selvigの『Norwegian Shipping』誌の支援を受けて、このイベントは第1回国際海運展と改称され、1965年5月にオスロで開催された。

1960年代後半に海運業界が低迷したため、次の展示会の開催が遅れ、1968年5月下旬に延期された。Nor-Shippingの名称は、1971年に開催された第3回国際海運展で初めて採用された。それ以来、Nor-Shippingは2年ごとに開催されている。

Nor-Shippingは今日、海運業界のみならず、海洋産業全体にとって世界有数の舞台のひとつとなっている。世界中の重要な政策決定者が集い、連携し、ビジネスを行う場となっている。

第30回大会と60周年記念大会は、2025年6月2日から6日まで開催される。


ノルウェー・シッピングのディレクター、シデル・ノルヴィック氏がブリッジズに語った。

「ノルウェーと日本の緊密な協力関係は、世界の海事分野における技術革新の原動力となっている。

ノルウェーは150年以上にわたって海運と造船の主要国であり、2023年には合計1,634隻のノルウェー船が登録され、世界第4位の商船隊を支配している。ノルウェーの海事産業クラスターは世界で最も包括的なもののひとつと考えられており、政府の支援を受けるノルウェー船主協会は、ゼロエミッション海運を目指すIMOの声を代弁している。

ノルウェーと日本は2011年にMOUを締結して以来、洋上風力、北極圏、LNG燃料船、船舶リサイクル、エネルギー効率、デジタル化と自律性、電動化、水素とアンモニアの燃料利用など、多くの革新的な分野で継続的に協力関係を発展させてきた。

ノルウェーと日本はともに、エネルギー転換をリードし、海事産業の脱炭素化に取り組んでおり、両国がパートナーシップを組んで海事産業を革新し続け、2050年までに排出ガスのない海運を実現するために主導的な地位を維持すると信じる十分な理由がある。

ノルウェーと日本はともに、エネルギー転換をリードし、海事産業の脱炭素化に取り組んでおり、両国がパートナーシップを組んで海事産業を革新し続け、2050年までに排出ガスのない海運を実現するために主導的な地位を維持すると信じる十分な理由がある。

シデル・ノルヴィック、ノルシップ取締役

Nor-Shippingの代表として、日本のパビリオンとの素晴らしいパートナーシップや、会議やネットワーキングセッションに参加する日本の業界を代表するプレーヤーにいつも感謝しています。2022年のNor-Shippingでは、COVIDの影響でアジアからの直接の参加はまだ難しかったが、日本は一転してデジタル・パビリオンをデザインした!しかし、Nor-Shipping 2023で日本の2つのパビリオンが本格的に復活したことは素晴らしいことであり、今後パートナーシップを強化し、業界を一緒に盛り上げていくことを楽しみにしています。"

イノベーションの本拠地

Nor-Shippingは、ノルウェー国内外の最先端企業が、新たな効率化、プロセスの改善、パフォーマンスの向上など、顧客に競争上の優位性をもたらすイノベーションを紹介する場です。海運、ハイテク、金融、そして幅広いビジネス分野が交わり、互いに学び、パートナーシップを築き、新たな経済価値創造にアクセスする場です。

Nor-Shippingの21,000平方メートルの展示スペースは、この1週間の活動の心臓部である。代表団や来場者はここで、海洋産業発展の新時代を牽引する製品、サービス、企業を体験することができる。才能ある人々と革新的な製品のダイナミックな祭典であり、海洋産業の野望を実現するための一助となるようデザインされている。

#PartnerShip - オーシャン・リーダーシップ

オーシャン・リーダーシップ会議では、真のグローバルなビジョナリーたちが、今日、そして明日の最も差し迫った問題について意見を交わし、成功を称え、課題を概説し、業界の発展に向けた舵取りを支援する。

2023年Nor-Shipping Ocean Leadership Conferenceは、900名の海事リーダーに対し、組織を収益性の高い持続可能な未来へと導くための見識を提供する。

同会議では、著名な世界的リーダー、トップクラスの専門家、著名な業界関係者を招き、海運業界が今後の課題をどのように乗り切ることができるかについて、それぞれの見識や専門知識を披露してもらう。

これは唯一無二の会議であり、出席を希望される方は2023年6月6日の日付を覚えておくことをお勧めする。

チケット購入はこちらから

NOVA Spektrum, PB 75, Messeveien 8, NO-2001 Lillestrøm, ノルウェー
mail@nor-shipping.com
+47 400 01 394

関連記事

spot_img

関連記事