2045年の黄金年に向かうインドネシア

インドネシアは2045年に独立100周年を迎え、先進国へのダイナミックな転換を遂げようとしている。その進展の中で、日本との経済関係は相変わらず重要である。

日本とインドネシアの間には大きな信頼関係がある。両国は長い歴史を共有し、育まれた友好関係は両国民の距離を縮め続けている。

木谷昌彦 ASEAN日本政府代表部大使

東南アジア諸国連合の木谷昌彦日本大使は、「日本とインドネシアの間には大きな信頼関係があります。両国は長い歴史を共有し、育まれた友好関係は両国民の距離を縮め続けています」と語った。

政府のイニシアチブとともに、民間セクターもインドネシアと日本のパートナーシップを強化するための措置を講じている。

ATD法のような法律事務所は、森・濱田松本法律事務所と提携し、インドネシア経済におけるビジネスチャンスをナビゲートしながら企業を支援している。

日本とインドネシアの貿易と経済協力が拡大するにつれ、デリオットのようなコンサルタント会社は、さまざまな主要産業において、より多くのビジネス取引を促進している。

関連記事

spot_img

関連記事