フラゴメン。世界の移民パートナー

グローバルなビジネス環境の進化に伴い、移民はより複雑になってきています。新しい国際的な機会を求める個人や、新しい市場を開拓しようとする企業は、規則や規制を乗り越えるためのサポートを必要としており、移民サービスの需要が高まっています。

グローバルなビジネス環境の進化に伴い、入国管理はより複雑になってきています。新しい国際的な機会を求める個人や、新しい市場を開拓しようとする企業は、規則や規制を乗りこなすための支援を必要としており、移民サービスに対する需要はますます高まっています。

フラゴメンLLPは、スタートアップ企業、中小企業、そして世界の大企業と密接に協力しながら、個人や企業の移民手続きを最初から最後までサポートすることをお約束します。

過去70年以上にわたり、移民問題における問題解決者、革新者、確立されたソートリーダーとして、フラゴメン社は業界のリーダーとなってきました。

現在では、領事業務、危機管理業務、デジタルノマドや雇用証明業務、個人顧客向けサービスのほか、政府との関係、移民法の遵守、トレーニング、スポンサーライセンスや労働許可証の申請に関する業務など、さまざまな国際的サービスを提供しています。

世界170カ国以上でサポートを提供しているフラゴメン社は、4,500人の移民専門家とスタッフを擁し、世界各地に55以上のオフィスを構えています。

アジア太平洋地域は12の地域事務所のネットワークでカバーされており、英国支社はロンドンとシェフィールドに事務所があります。

パンデミックの影響を軽減するために内務省が導入した追加の移民優遇措置がある中、日本企業にとっては、英国の現在の移民事情を理解し、特に欧州連合(EU)加盟国の国民の雇用に関連して、ブレグジット後の新しい規制に準拠することが極めて重要です。

フラゴメンのジャパンプラクティスマネージャー、ソリシターの竹内 麗雅 さん
クリックして資料を見る

現在、イギリスに拠点を置く約 1,000 社の日本企業により、約 18 万人の雇用が創出されています。日本からの投資が増え続ける英国において、日本専門のプラクティスを持つフラゴメンは、現地の日系企業へのサービスを提供できる体制を整えています。

フラゴメンのジャパン・プラクティスのマネージャーである竹内 麗雅さんは、「Brexitと新しい移民制度により、イギリスの移民事情は大きく変化しました。」

「パンデミックの影響を軽減するために内務省が導入した追加の移民優遇措置がある中、日本企業にとっては、英国の現在の移民事情を理解し、特に欧州連合(EU)加盟国の国民を雇用することに関連して、ブレグジット後の新しい規制を遵守することが極めて重要です」と述べています。

当事務所の日本担当は、英国および世界各国でのビジネス移民のあらゆるニーズに応えるために、戦略的なコンサルティングサービスとサポートを日本語で提供しています。

www.fragomen.com

関連記事

spot_img

関連記事