ドレジャー・ブリュワリーハンガリーのカンドーを共有する

ハンガリー最大の醸造所「ドレアー」の歴史は、1854年にさかのぼります。

1862年にアントン・ドレーヤーが買収し、彼の家族が3世代に渡って事業を発展させ、経営してきました。ドレーハーの醸造所は、オーストリア・ハンガリー帝国の最盛期には、世界最大級の醸造所となりました。

1993年にはSouth African Breweries社の傘下に入り、2002年にはSABMiller社となりました。

「日本のアサヒビールの一員となったことで、素晴らしい新時代が始まりました」と、ドレアー・ブリュワリーのジェネラル・マネージャー、ガーボル・ベケフィ氏は語ります。

「アサヒビールとドレアー社は、それぞれ100年以上の醸造の伝統を持ち、高品質な製品を追求してきました。 

日本のアサヒビールの傘下に入ったことで、素晴らしい新時代が始まりました。アサヒビールとDreher社は、それぞれ100年以上の醸造の伝統と遺産を持ち、高品質な製品を追求しています」と述べています。

ガーボル・ベケフィ(ドレハー・ブリュワリー社ジェネラル・マネージャー)Gábor Békefi

アサヒグループでは、「おいしさ」「しあわせ」「先進性」をキーワードに、価値を創造し、社会との絆を深めていく「感動」を共有しています。

ドレハー・ビール博物館では、ハンガリーのビール製造の歴史を紹介する感動的なツアーが行われ、ビールの試飲で最高潮に達します。また、ビール工場ではビアディナーを開催し、ハンガリーの有名なシェフ、ビールソムリエ、タップマスターの協力を得て、カンドー を共有しています。

アサヒビールがヨーロッパに進出したことで、かなりの知識が移転されました。

Dreher社は、最近ハンガリーで初めてハードセルツァーという新しいカテゴリーの飲料を発売した会社です。 

Viperハードセルツァーのシトラスとブルーベリーのフレーバーは、東京にあるアサヒビールのR&Dセンターで開発され、ヨーロッパのリージョナル・イノベーションセンターでテストされた後、今年の初めにハンガリーのDreher社で発売されました。

今年、Dreher社は、醸造所の歴史的建造物の一つを利用したANTLマイクロブルワリーを立ち上げました。

「ANTLは、より豊かな味のプロファイルや、より大きな工業規模では実現できない成分を含む処方をテストし、開発する機会を与えてくれます」とBékefi氏は説明します。

"私たちは、ドレハーの家族の遺産を誇りに思い、今日のアサヒでその伝統を守っていることを誇りに思います "と締めくくりました。 

www.dreherzrt.hu

その他のライフスタイル記事

spot_img

関連記事