デロイト:インドネシアにおける日系企業の変革パートナー

インドネシアはダイナミックな市場環境と豊富な資源を提供し、日本の技術力はさまざまな産業でイノベーションを推進し続けている。この相乗効果は、人材と専門知識の交換によってさらに強化され、日本企業は多様なスキルとグローバルな視点を持つ現地の人材への投資を増やしている。

輸出の伸び、個人消費の増加、着実な経済発展を背景に、インドネシアは日本企業にとって有望な消費市場となっている。このチャンスを生かすため、自動車、エレクトロニクス、資源分野を中心に1,000社を超える日本企業がインドネシアに進出している。実際、インドネシアの国内総生産(GDP)は2023年に前年比4.9%増となり、日本はインドネシアの投資・貿易相手国トップ5に入る。  

とはいえ、地球温暖化や地政学など経済環境の大きな変化により、日本の国際競争力が問われており、従来のビジネスの常識や手法が通用しなくなってきている。そのため、日本企業がインドネシアをはじめとする海外市場で持続的な成長を遂げるためには、様々な面での変革が急務となっている。

インドネシアに進出している日本企業は、この変革の最前線にいる。「デロイトインドネシアの日系サービスグループ(JSG)パートナーであるヘル・スプリヤント氏は、「日進月歩のグローバルなビジネス環境の中で、日系企業は特にインドネシア市場において、戦略的ビジョンと適応力を持って変化を乗り越えています。「製造業、テクノロジー、新エネルギー、eコマースなどのセクターにおいて、これらの企業の多くは、デロイト東南アジアの一員として、デロイトインドネシアJSGチームが推進する革新的な戦略やデジタルソリューションを取り入れています。

競争の激化に対応するため、インドネシアに進出している日系企業は競争力を維持するために機敏性と革新性を取り入れている。国境を越えた協力関係や投資は増加の一途をたどっており、インドネシア企業は相互の成長とイノベーションを推進するために日本企業と提携することの価値を認識している。この協力的なアプローチは従来のビジネスの枠を超え、革新的な文化を育み、インドネシア市場での成功を分かち合っている。

進化し続けるグローバルビジネスの中で、製造業、テクノロジー、新エネルギー、Eコマースなど様々な分野の日本企業は、特にインドネシア市場において、戦略的ビジョンと適応力を持ってシフトを乗り越えています。これらの企業は、デロイト東南アジアの一員として、デロイトインドネシアJSGチームが推進するイノベーションとデジタルソリューションを採用しています。

Heru Supriyanto、デロイト・インドネシアのJSGパートナー

デロイトインドネシアJSGチームは、デロイトの東南アジア、アジア太平洋、グローバルネットワークにおける幅広い分野における第一線の知見と経験、そして様々な地域にまたがるリレーションシップを活用し、日系企業の海外事業の変革を支援しています。

デロイトインドネシアJSGは、国際的な経験と現地での深い専門知識を併せ持つチームを擁し、コンプライアンスからM&A、成長戦略まで、包括的なエンドツーエンド・ワンストップサービスの提供を専門としています。複雑な規制への対応や戦略的イニシアチブの実行など、インドネシアにおける日系企業の事業拡大と成功を支援します。

デロイトインドネシアJSGは、日本企業が複雑なインドネシア市場をナビゲートする際に、信頼されるアドバイザーおよびトランスフォーメーションパートナーとして重要な役割を果たしています。広範なネットワーク、業界に対する深い洞察力、協力的なアプローチを通じて、クライアントがインドネシア国内外においてビジネスチャンスを掴み、リスクを軽減し、持続的な成長を実現できるよう支援します。

www2.deloitte.com/id

関連記事

spot_img

関連記事