成功への意欲

メキシコ最大級の完全一貫生産豚肉メーカーであるグランハス・キャロル・デ・メキシコ(GCM)は、2020年から高品質でサステナブルな豚肉ブランド「アルトサノ」を日本へ輸出しています。

とんかつや 焼きとんなど 、日本では屋台から高級料理店まで、さまざまな料理が食べられる。

日本は2021年に世界中から90万トン以上の豚肉を輸入しており、メキシコは需要を満たす重要な輸出国の一つでした。

メキシコ最大級の完全一貫生産豚肉メーカーであるグランハス・キャロル・デ・メキシコ(GCM)は、2020年から高品質でサステナブルな豚肉ブランド「アルトサノ」を日本へ輸出しています。

「トレーサビリティと食の安全は、バリューチェーン全体を通して明らかにされています」と、GCMの輸出担当ディレクターであるRicardo Barredaは説明します。

「私たちの生産方式は国際的な基準をすべて満たしており、アルトサノが日本で成功するための競争力を持っています。年間180万頭の豚を生産し、標高2,400メートルで飼育しています。動物が自由に動ける質の高い住宅環境と、私たちが配合・生産した健康的なバランスの取れた飼料を提供しています。"

アルトサノは今後も日本で人気があると確信していますし、日本市場でのパートナーシップを強化していきたいと考えています。

GCM 輸出担当取締役リカルド・バレダ

GCMは30年の経験を持ち、クローバーリーフ動物福祉の国際認証を取得した最初のメキシコ企業です。また、持続可能性への取り組みとして、ISO14001-2015、ISO22000、ISO50001の認証を取得しています。

「アルトサノの豚肉はすべて自社農場で生産されたもので、アメリカ大陸で最も高度で自動化された豚肉加工工場を持ち、農場から箱詰めまでのトレーサビリティを可能にしています」とバレダは語ります。

GCMは現在、生産量の18%を日本、香港、ベトナム、韓国、米国、カナダに輸出している。同社は輸出能力を30%増強しており、日本が重要なターゲット市場となっている。

日本に輸出されたアルトサノ社の冷凍製品は食品加工会社やサービス会社に、新鮮なチルド真空パック豚肉はジャパンミートなど日本のスーパーマーケットで販売されています。

「日本が輸入する食品の品質に対して厳しいのは当然だ」と、バレダは言う。

"アルトサノは今後も日本で人気を博すと確信しており、日本市場でのパートナーシップを強化することを楽しみにしています。"

www.granjascarroll.com

関連記事

spot_img

関連記事